マインドガードDX 口コミ

睡眠薬がもたらす恐ろしい副作用について

一般的に睡眠薬とは「服用すれば睡眠状態を行いやすくなる薬」という認識が強いかと思われます。

 

そんな便利な睡眠薬なのですが、

 

便利と同時に体に恐ろしい「副作用」もたらす危険性があることをご存知でしょうか?

 

この記事ではそんな「睡眠薬」を服用した際に引きおこる副作用についての紹介と、食べ合わせにより副作用の危険性が高まってしまう食べ物・飲み物について紹介をしていきたいと思います。

 

睡眠薬での副作用の症状について

睡眠薬服用時に「集中力の欠落」「頭痛」「ふらつき」「長時間にわたる眠気」といった症状が現れる場合がございます。

 

睡眠薬とは薬に含まれる成分により脳の抑制系神経に働きかけ、覚醒状態に至るまでの時間を延ばしたり睡眠と呼ばれる意識の消失に移行しやすくする薬です。

 

脳に働きかけるという事は、薬が体に合わないことにより脳のバランスが崩れる事で不快な症状が現れることも意味します。

 

また睡眠薬に依存しなければ睡眠状態を保持できない状態であるのであれば、薬が用意できなくなったときは確実に不眠状態歯と逆戻りしてしまいますし、その状態はとても健康的な体とは言えません。

 

副作用の発生率を考えても少量の服用が好ましく、大量に服用することで睡眠薬の耐性が体につく事も抑えられます。

 

睡眠薬の副作用発生率を増加させる食べ合わせについて

 

睡眠薬と他の食品や飲み物を同時に食べることにより、副作用の発生率が高まってしまう現象が存在します。

 

特に「アルコール」との食べ合わせは特に厳禁とされており、これらが組みあわされることで睡眠薬とアルコールがもたらす体への変化が爆発的に増加するのです。

 

アルコールがもたらす「気分不調」「嘔吐感」や睡眠薬がもたらす「睡眠効果」が過剰なまでに効果を持つようになり、場合によっては意識を失う可能性もあるくらい危険な食べあわせなのです。

 

アルコール以外では「コーヒー」や「紅茶」が挙げられます。これらに含まれるカフェインには目がさえる「覚醒効果」を持っており、睡眠薬の睡眠効果を弱めてしまう要因となるのです。