マインドガードDX 副作用

マインドガードDXの副作用と注意点について

不眠や心の不安をお持ちの方は、精神科や心療内科等の診察を受けながら処方される抗うつ薬や、

 

睡眠導入剤を服用しながら治療を進めておりますが、これらの医療機関に頼る事無くご自身で不眠や心の不安を解消して行く人達の為に「マインドガードDX」と言われる健康食品が有ります。

 

そこで気になるのはその副作用の有無ですが、どの様な事が考えられるのかをきちんと確認した上で、ご使用を考える様にしましょう。

 

 

マインドガードDXの副作用について

 

このマインドガードDXは健康食品としての分類で販売されております。

 

その為、抗うつ薬や睡眠導入薬を使用した時の様な副作用は無いとされております。

 

その為一般的には一時的な不眠や、心の不安定感を解消する為にご使用になる場合にはほぼ副作用の心配は要りません。

 

但し、睡眠導入薬、抗不安剤、抗うつ剤等の精神安定剤と言われる薬を服用されている方は必ず医師へ相談した上でご使用を決めて行く事が大切です。

 

これはまれに「セロトニン症候群」と言われる症状を引き起こしてしまう場合が有る為です。

 

セロトニン症候群とは脳内のセロトニンと言われる物質の濃度が上がってしまい、興奮状態、異常発汗、脈が速くなる、不安やイライラが起こる等の症状がを引き起こす為です。

 

 

マインドガードDXを購入する際の注意点

 

マインドガードDXを使用される際の注意点ですが、薬品では無いので自分の都合に合わせて飲むようにすれば基本的には問題が有りませんが、過剰摂取は避ける様にしましょう。

 

又、精神科治療や心療内科治療を受けられてる方は、必ず医師と相談した上でご使用を決めて行く事が重要です。

 

まとめ

マインドガードDXは健康食品の分類となる為、副作用の心配は有りません。

 

もしも現在精神疾患等を患い治療を受けている方は、使用に際しては医師と相談する様にしましょう。

 

又、不眠や精神的な不安定感をお持ちの方は、悩み相談等のカウンセリング等も利用し、可能な限り薬等に頼らない治療の方法を探っていく事も大切です。